このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 水道事業の紹介 > 水道とわたしたち > 使用量の移り変わり


ここから本文

使用量の移り変わり

1年間の水の使用量の移り変わり

タップくんの絵

みんなの住んでいる豊明市(とよあけし)、日進市(にっしんし)、みよし市(し)、長久手市(ながくてし)、東郷町(とうごうちょう)(これを、愛知中部水道企業団(あいちちゅうぶすいどうきぎょうだん)の給水区域(きゅうすいくいき)という。)は、名古屋市(なごやし)などに近くて、通勤(つうきん)や通学などに便利(べんり)なので、毎年人口が増(ふ)えているんだ。
そして、1人が1日に使う水の量(りょう)は、以前はどんどん増(ふ)えていたんだけど、最近(さいきん)では、水の使い方も変(か)わってきており、少しずつ減(へ)ってきているよ。

1年間の水の使用量と水道を使っている人のうつりかわり

1年間の水の使用量と水道を使っている人の移行グラフ

水道を使う人口の移り変わり

水道を使う人口の移行グラフ

1年間の水の使用量の移り変わり

1年間の水の使用量の移行グラフ

1人1日の水の使用量の移り変わり

1人1日の水の使用料の移行グラフ

月ごとの水の使用量の移り変わり

月ごとの水の使用料の移行グラフ

水道の豆ちしき

プールで泳ぐ子供の絵

学校のプールに入る水の量は約250立方メートルです。
1万立方メートルの水は、プールに入れると40杯分、100万立方メートルの水では、プール4,000杯にもなります。

ページの先頭に戻る